JOCVとしてバングラデシュの   クスティアで活動中 :)        CANならDO!!やってやるって!!
by saekoeda
2011.1.19
2011.1.19 ~213目~

実験校の時間割が変更になり、2時間目に1~3年生の算数が集中してしまい、てんてこまい!

d0170725_23193236.jpg

↑ 3年生の授業で 「繰り上がりのある足し算」 です。
「895+395+105」「825+175+100」「595+305+200」「250+465+382」 とあります。
問題を板書した後に、携帯電話で計算して左の方に答えを書いていました (笑)


今日のテーマは「できない子どもへの支援」でした。
実務経験のない私が何を偉そうに……(@_@)

ただ、バングラデシュの小学校では机間指導というのがなされていません。
一見は机間指導しているようですが、丸付けをするだけなのです。
(丸付けのことを 「評価」 としていることにも疑問を感じますが、これはまた後日に…)

しかも、子どもの方から 「できたー!」 と見せに行き大混乱になるので、
できてない子どもは見せに行かなくても気付かれることはない。
先生達はできない子どもに気付きにくくできない子どもはできないままなのです。



話は戻り、3年生の授業で問題に取り組んでいない子どもがいました。
教え方に違いがあって混乱させても困ると思い、
トレイニーに 「あの子、分からないって言ってるよ」 と伝えました。

様子を見ていると…
トレイニーが 「5が3つで…15だよね? 繰り上がるから、1をここに書いて…」 と教えていました。

その場でも 「全部言うんじゃなくて、子どもに質問しながら教えると良いよ」 とアドバイスしつつ、
お昼休みにも 「できない子どもへの支援」 について話し合いました。



私がアドバイスした方法が正しいとは限りません。
とても難しいです。

バングラの丸付けの方法も、子どもたちの 「できたよ、見て!!」 という気持ちに応えているので、
良いと思う面もあります。
子どもたちも先生もずっとこの方法でやってきたので、急に変えるのは難しいと思います。

トレイニーたちと相談しつつ、良い方法が見つかると良いなあ~。

d0170725_23232297.jpg

↑ 前任者のチョビさんが勤務する日本の小学校との交流のために、子どもたちが絵を描きました。
(チョビさん、フライングしてしまいました! 笑)

「みんなの絵が日本に行くんだよ」 と言うと子どもたちは大喜びでした(^^)



ワークショップで任地を離れるので、1週間ほどブログが更新できなくなります。
心配しないでくださいねーー!
[PR]
by saekoeda | 2011-01-19 23:41
<< 2011.1.22~27 2011.1.18 >>


以前の記事
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
JOCV仲間のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧