JOCVとしてバングラデシュの   クスティアで活動中 :)        CANならDO!!やってやるって!!
by saekoeda
2011.2.2
2011.2.2 ~227目~

今日は政府関係の機関はお休みでした。

そこで 「ホシャン メモリアル」 という名前のキンダーガーテンに行ってきました。
月曜日に 「ハウジング エステット モデルスクール」 に行った祭に、
ここのスタッフさんに出会って 「ぜひ遊びに来てね」 と言われていたのでした。
d0170725_17543046.jpg

↑ 1階が教室で、2階がマダムの家です。

キンダーガーテンというと…
お金持ちの家の子どもが行くプライベートスクール」 というイメージが強くありました。

以前、大家さんも 「政府校は良くないからキンダーガーテンに通わせる」 と言っていたし、
校長先生も 「お金をたくさん取るところだから…」 と言っていました。

実際、このキンダーガーテンのマダムも、
「クスティアには約200校近いキンダーガーテンがあるけど、
ほとんどがビジネスを目的としているので裕福な子どもが多い」 と言っていました。
d0170725_1834786.jpg

しかし、このキンダーガーテンは貧しい子どもを対象にしているようで、
学費は基本的にフリー、先生6名はボランティア (月5~700タカ) の大学生。

また、政府校ではないので教科書はもらえず、
キンダーガーテンのカリキュラムの教科書は1冊100円と高いので買えない…
そのため、教科書をコピーをして子どもたちに使わせているとのことでした。

バングラでは有名なBRACなど、多くのNGOの学校の場合は外国などからの支援があるけど、
ここはほとんどがマダムのポケットマネーだそう…

話を聞くと、マダムはだいぶお金持ちのようです。
兄弟のうち2人は日本、1人はオーストラリア、1人はドイツで暮らしていて、
彼らがこの学校の支援をしてくれているそうです。
d0170725_20135571.jpg

↑ マダムとボランティアの大学生たち。

平日はPTIの仕事、休日はこの学校も休みなので、
なかなか行くことはできませんが、機会を見つけて足を運びたいと思います。


帰り道にPTIの子どもに会って、お家に連れて行ってもらいました。
d0170725_20272924.jpg

↑ 井戸のポンプや家畜を飼う広場を囲んで、何世帯もの平屋が並んでいます。
トイレは共同で、キッチン (というか釜戸) は外にあり、
一世帯につき1、2部屋ほどで、部屋の中はほとんどベットに占領されています。

村の方や、あまり裕福ではない家庭に行くと、こういうスタイルが多いようです。
d0170725_2046266.jpg

↑ PTIや 「ハウジング エステット モデルスクール」 に通う子どもが多く、
知っている子の家に行っては、いろいろ食べさせられました。うぷぷ。

歌ったり、いろんな場所に連れて行ってもらったりして、楽しい時間を過ごしました。
やっぱり子どもっていいですね!!
一人でいるとモヤモヤしてしまう気分だったのですが、
子どもたちにパワーをもらって癒されました~!


明日からも (と言っても明後日すぐ休みですが) がんばるぞ!!!!
[PR]
by saekoeda | 2011-02-02 22:40
<< 2011.2.3 2011.2.1 >>


以前の記事
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
JOCV仲間のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧