JOCVとしてバングラデシュの   クスティアで活動中 :)        CANならDO!!やってやるって!!
by saekoeda
2011.7.29
2011.7.29 ~404日目~

先日のブログにも書いたように、教育実習では自己評価の指導に力を入れています。

その中で見えてくる、課題、課題、課題、課題………。
そのひとつに「(授業計画の段階で)子どものいろんな反応を予想する」というのがあります。


以下、私とトレイニーのやりとりです。
d0170725_2225488.jpg

         (その前に、足を怪我して布を巻いている仔ヤギで癒されてください。かわいい。)


私「じゃあ、質問していくね。子どものどんな反応を予想したの?」
ト「子ども達は反応するって予想したよ。
私「……………。
 (ああ、説明不足、言葉足らずだったなー。これは私が悪い。)

私「そうだね。じゃあ、あなたがこの問題を出したら子ども達はどんな反応をするかな?」
ト「答えを言うよ。」
私「子ども達はどんな答えを言うかな?」
ト「<正しい答えのみ>」
 (まあ、予想通りの答えだなあ。)

私「みんな正しい答えを言うかな?間違えたり、分からない子はいないかな?」
ト「いないよ(キリッ」
私「……………。

私「そうか。今日の授業ではこういう間違いをしていた子がいたよね。」
ト「でも、それは2人とか3人だよ。みんなできてたよ。
私「……………。

私「そうだね。じゃあこれからは、間違えた子や分からない子にも注目していこう。」
ト「うん。」

私「じゃあ、もし、"分からない"って言った子がいたらどうする?」
ト「そんな子はいないよ。(キリキリッ」
私「……………。
 (たしかに、バングラの子ども達は、「ジーサー!(はい)」としか言いません。
               というか、「ジーナー!(いいえ)」と言える雰囲気にありません。)

私「そうか。もし"分からない"って言った子に、どうやって支援するか考えてみよう。」
ト「うーーん、窓を閉めるでしょ。
私「……………?!
 (たしかに、バングラの黒板は質が悪く、子どもの位置によっては光が反射して読みづらいです。)

※ こういうやりとりが一人や二人じゃありません…。


d0170725_22294958.jpg

この後、トレイニーによっては、
「子ども達がどんな間違いをするか」
「なぜ、子ども達がそのような間違いをしたか」
「その間違いに対してどのように支援するか」
を一緒に考えていきます。

自分のベンガル語不足もありますが…
「子どもの反応を予想する」
しかも、できない・間違える反応を予想する」ということは斬新なようで、
自己評価の指導はとても難航しています。

日本の先生に限らず、日常会話の中で自然と、
「私がこう言うと相手はこう言うだろうな~」と反応を予想するのはすごいことなのかもしれません。


それでも!しっかりとノートに毎日自己評価をしているトレイニーもいて、
私のつたないベンガル語&今までやったこともないことの説明に耳を傾けてくれて、
少しずつでも私の伝えたいことが伝われば良いなーと思います。
本当に気が遠くなりそうになるときもありますが(笑)、これからもがんばります!


d0170725_22233431.jpg

古着が好きだったのもあり、今でもTシャツが大好きです。
バングラでも素敵なTシャツに遭遇することがあります。大切なのは肌触り!

左のTシャツは、洗濯で色移りして一度ダメにしたのですが、気に入りすぎてまた買いました。
右のTシャツは、今じゃ着る勇気はないけど、つい買ってしまいました。
まだ在庫があるようなので、欲しい方がいたら私までどうぞ(笑)
[PR]
by saekoeda | 2011-07-29 22:43
<< 2011.7.30 2011.7.28 >>


以前の記事
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
JOCV仲間のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧