JOCVとしてバングラデシュの   クスティアで活動中 :)        CANならDO!!やってやるって!!
by saekoeda
2012.1.18
2012.1.18 ~577日目~

ネパールで知り合った東京の大学で教授をされている方が、
調査のためにバングラデシュに来ていて、私の任地までわざわざ足を運んでくださいました。


初日、夕方にクスティアに到着し、チャドカンでまったりした後、ラロン廟に向かいました。
せっかく来てもらって演奏やってなかったら残念だな~と心配していたら、なにやら人だかりが…。
ラロン廟は観光名所なので著名人がよく訪問するのですが、どうやら、また偉い人が来ているようです。
d0170725_1523431.jpg

今回の偉い人は…バングラデシュの法務大臣!!これまで出会った偉い人たちとはケタが違います。
例の如く、何食わぬ顔をして接近し、一緒にバウルの演奏を聴きました。
d0170725_1582138.jpg

やはり超VIPだからか、演奏はいつもの場所ではなく、立派なホールでおこなわれました。
初潜入!!!!!こんな立派なホールがあるなんて知らなかった。
超VIPを前に、緊張してかしこまった感じのバウルの人たちが多い中、
いつも通りやりきってるバウルのおじさんがいて、かっこ良かったです。(こういう人に、私はなりたい。)

その後、クスティアの商店街を歩きながら散策しつつ、ホテルに行って晩ご飯を食べました。



2日目、私の活動先であるPTIに来ていただきました。
…が、1年生初の登校日、また教育実習の初日ということもあって、尋常じゃなくバタバタしていました。
(まあ、ありのままを見ていただけて良かったかな…?)
d0170725_263562.jpg

1年生は緊張していて、みんなピシッと話を聞いています。(…ずっとこうなら良いのに。)

「いつも通りに活動してくれれば…」ということだったので、お昼に子どもたちの家に。
宿題をチェックしたり、歌ったり、顔に落書きしたり(最近の子どもたちのブーム)、ぼけーっとしたり。
d0170725_2293045.jpg

他にも学校に来なかった子がいたので、その子どもの家にも行きました。
いつも通り、突然の訪問にもかかわらず、お昼ご飯も3人分用意していただきました。

d0170725_2375334.jpg

そして、プライベートスクール(家庭教師?寺子屋?)の様子を見に行きました。
(そういえばブログの記事にしていなかったので後日書きたいと思います。)

その後、また違う子どもたちの家に行って、またもやまったりしたり、一緒に勉強をしたり。
せっかくなので、私の大家さんのところにも行きました。
…行く先々でナスタ(軽食)を出してもらってお腹いっぱいになりました。



3日目、この日は授業の上手な先生のいる学校に行きました。
本当に優秀なのか不安(?)もありましたが、先生もダッカ大の学生さんも、彼の授業を評価していました。
今後の活動の中で、彼と協力しながら活動ができたらと思います。
d0170725_1195454.jpg

やっていないと思ったら教育実習もやっていたので、教育実習の自己評価等も行いました。
改善点はたくさんあるけど、この先生、自分の考えをもって生き生きと授業をしていて嬉しかったです。

お昼ご飯を食べた後、みんなに連れて行きなさいと言われたタゴールの家に。
d0170725_11192563.jpg

途中、村で、ルンギを作っている様子ものぞきました。とても年季の入った機械で織っています。

d0170725_11375931.jpg

タゴールの博物館を見学後、ボートに乗ったり、馬に乗ったり、まったりしたりー。

町に戻り、チャドカンでまったり。
そこで知り合った人たちから招待され、彼らの家で晩ご飯を食べることにしました。
その前に、PTIから他の小学校に移ってしまった子どもの家に行って宿題のチェック。

d0170725_11464532.jpg

招待してくれた彼らの家に行くと、新しいテレビとソファーと机が到着していました。
数日後に来る予定だったけど、私たちのために早く持ってきてもらったらしいです(笑)

d0170725_19247100.jpg

男性ばかりで住んでいるのに、とても美味しい料理をふるまってくれました~。
バングラ産のウォッカをいただきました。お酒を飲む前から、テンションが上がっています(笑)


そして、次の日の朝のバスでダッカに帰っていかれました~。


…というわけで、連日、夜遅くまでどっぷりと遊びました。
ベンガル人のあたたかさ、ベンガル料理のおいしさを気に入っていただけたようで、
こちらも特にお構いすることなく、いつも通り過ごさせてもらいましたが、とても楽しかったー!!!


そして、1年半住んでいて、いろんなことが当たり前になってきているけれど、
本当に本当に貴重な体験をさせていただいているのだと、改めて気付かされました。
今一度、まわりの人たちへの感謝の気持ちを忘れずに。


そしてそして、実際に現場を見て、いろんな問題を共有でき、話し合い、とても勉強になりました。
いつもは問題意識を共有できるような人・場面がなかなかないので、とても刺激になりました。

先生と一緒に来てくれたダッカ大の学生さんは、
ダッカで公立小学校の教育の問題に取り組んだり、修士論文のテーマにしているそうです。

外国から支援するのは簡単だけど(…いや、簡単ではないけど)、
若い世代の人たちが、自分たちの国の教育を問題視して実際に動いることに、勇気づけられました。
(しかし、彼らと話し合いをするにはもっともっと語学力が必要だと痛感…。)


というわけで、関先生、ジャファーくん、はるばるクスティアにお越しいただきありがとうございました!
また、ダッカで、日本で、また別の国で!?お会いいたしましょう!!!!!
[PR]
by saekoeda | 2012-01-18 18:32
<< 2012.1.22 2012.1.11 >>


以前の記事
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
JOCV仲間のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧