JOCVとしてバングラデシュの   クスティアで活動中 :)        CANならDO!!やってやるって!!
by saekoeda
<   2010年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧
2010.11.5 ~138日目~
2010.11.5 ~138日目~

配属先のPTIのお休みは金曜日だけです。
今までの金曜日を思い返してみると、ミーティング等の移動日だったり、長期休暇でクスティアにいなかったり、ホームステイ中で家で過ごしていたり…でした。
そもそも、金曜日はお店がほとんど閉まっているので、出かけるような場所がありません。

今日は、日本語の話せるベンガル人の友達にいろんな場所へ連れて行ってもらいました。
一人でラロンシャに行ったときに出会っていたのですが、その時はちょっと警戒していました (笑)
ラロン祭の時にまた出会って、その時にとてもよくしてもらいました。

d0170725_128371.jpg

こんな風景や、
d0170725_1294418.jpg

こんな風景に出会いました。


クスティアに住んでいても、平日は朝から晩まで仕事があるので、なかなかいろんな場所に足を運ぶことができません。
自分の任地なのに知らないことだらけです。
よくありそうな景色ですが、やっぱり自分の任地となると、こういう場所があるのって嬉しいです。

もっと知りたいです。
クスティアのこと、クスティアの人のこと。
[PR]
by saekoeda | 2010-11-07 01:30
2010.11.4
2010.11.4 ~137日目~

バングラもだんだんと涼しくなってきました。
布団をかぶるには暑くて、タオル (タオルケットが売っていない) だけだと寒くて…だったのが、布団で寝るのがちょうど良くなってきました。

昨日初めて、沸かしたお湯をバケツに張って水浴びをしました。
これがかなり気持ち良いんですよ!
ハウス (首都ダッカにある隊員のホステル) でもお湯のシャワーが出るのですが、ぬるかったり水量が弱かったりなんです。

お湯を張ったバケツがあるとバスルーム全体も温かくなります。
もう、お湯を浴びた瞬間に自分の意識とは別に 「ぷふぁ~」 って言ってしまいます。
本当におすすめです!!
…が、日本でわざわざお湯を沸かしてバケツに張ってお風呂場で水浴びすることは無いですよね。
この気持ち良さは、バングラの特権です。
しかし、本格的な冬を迎えたらどうなることやら。

d0170725_17271828.jpg

最近始めた取り組みとして、出勤して小学校の朝会が始まるまでの時間を利用して、子どもたちとゴミ拾いをしています。
最初は 「なんで拾っているの?」 と不思議がっていた子どもたちも、 「ここにも!」 「あそこにも!」 と言いながら拾っています。

…しかし、帰る頃になるとまたゴミが落ちています。
やはり "ゴミを拾う" というのと、 "ゴミを捨てない" というのは、別物なのだと実感しました。
今のところは "ゴミを拾う" 活動だけど、だんだんと "ゴミを捨てない" 活動にシフトしていきたいです。


また、学校の校門の前にあるドカン (小さなお店) の前に、お菓子の袋やチャのパック等たくさんのゴミが落ちています。
ここでゴミを拾っている時に、大人たちが 「拾わなくていいよ」 「そのままにしておきなさい」 「中 (学校の敷地内) をやりなさい」 と言ってきます。
それは 「私が"お客さん"であるから拾わなくていい」 のか、 「ドカンのおじさんがやるから拾わなくていい」 のか、 「汚いから拾わなくていい」 のか、 「中はきれいにしても外にゴミがあってもいい」 のか…
話をしていると、それのどれもが当てはまるようでした。
これも、今のところは "敷地内のゴミ拾い" だけど、だんだんと "自分の生活する場所でのゴミ拾い" にシフトしていきたいです。



問題は山積みですが、この活動に関する嬉しいこともありました。
毎週木曜日は朝6時半からトレイニーたちによる敷地内の清掃 (ゴミ拾いや庭の手入れ) があります。
敷地内ではトレイニーのホステルの周りにゴミが目立ちます。
いつものように校長先生と話しながらゴミを拾っていました。

すると、校長先生がホステルの裏の方に歩き始めて、ホステルの裏に落ちているゴミを見て、トレイニーに 「このゴミを捨てたのは誰?きっと部屋の中から捨てたんだろう?これで良いの?」 と注意していました。
もちろん、 「トレイニーたちは自分ではない」 と言い張るわけですが、今度のホステルのミーティングで話し合うということになりました。

校長先生が注意してくれたというより、校長先生が "ゴミを拾う" というのと "ゴミを捨てない" というのの違いを認識していて、さらに、私の取り組みを認めてくれているのかなーと思い、嬉しかったです。

d0170725_1721337.jpg

考えてみると、PTIは子どもも大人もたくさんいる、特別な場所です。
子どもが変われば、大人も変わる?
大人が変われば、子どもも変わる?

PTIには大人も子どももたくさんいます。
子どもも大人も変われば、みんなが変わる!!

PTIを中心にクスティアの町をきれいにしていきたいです。
[PR]
by saekoeda | 2010-11-05 00:23
2010.10.24-27
2010.10.24-27 ~126-129日目~

更新がかなり滞っていました。
無事に生きています。

10月の24日~27日の4日間、3ヶ月研修がありました。
名前は3ヶ月研修ですが、バングラデシュに来て4ヶ月経っています。早いもんです。

首都ダッカからバスで3時間ほどのノルシンディという場所にある、パプリというNGOの研修プログラムに参加してきました。
d0170725_049689.jpg

パプリにはさまざまなプロジェクトがあり、私たちは各プロジェクトのスタッフさんが村へ巡回・訪問するのに同行させてもらいました。
少女グループへの教育 (私たちが訪問した時は 「早期結婚」 について) 、マイクロクレジット利用者、村の学校、障害児支援、最貧困層の村、衛生教育、女性の労働支援 (旦那さんが亡くなった女性に対して道路工事等の仕事を提供している) へ訪問しました。

それぞれ実際に利用している人たちの声を聞くことができました。
滞在時間が短かったり、ほんの一部の人の声ではあるけれど、普段の活動の中ではできない体験でした。



それぞれ感じることはあったけれど、中でも障害児支援について書いておこうと思います。

このプロジェクトは2~15歳の90人の障害児とその母親が利用していて、3名のスタッフさん (理学療法士・作業療法士の免許有) が、それぞれ1日約4家庭を訪問し、直接マッサージやリハビリを行ったり、母親へのマッサージの指導を行っているとのことでした。
数字を見ての通りのスタッフの数が足りていなく、1家庭に月に2、3回の訪問で、その訪問時間は平均1時間とのことでした。
さまざまな村に利用者さんがいる、障害種がさまざまである、母親は家の仕事がある等の理由から、ひとつの場所に通ったり、集まったりするのは難しいとのことです。

子どもは家で過ごす時間がほとんどなので、家でのケアが大切になります。
スタッフさんがお母さんにマッサージの指導をするのですが、やはり専門的な知識があるわけではないので難しいようです。
さらに、マッサージは1日のうちでわずかな時間であるため、その他の時間の子どもの姿勢が大切になります。
これは想像でしかないのですが、どうやら家事をしながらお母さんが抱っこしていたり、プラスチックのイスに座っていたりといった様子でした。

と、多くの問題がありましたが、障害児とその母親が家の外に出て、村?地域の人々と一緒に暮らしていることは、とても素晴らしいと思いました。
このプロジェクトの中には、障害児とその母親の支援だけではなく、村の人たちへ障害について正しく理解してもらうための勉強会もあるとのことでした。
小さな村の中で、とてもすごいことだと思いました。
d0170725_1229100.jpg


とりあえず、とても楽しい4日間でした。
どこに行っても子どもたちがたくさんいました。
活動先でも子どもはたくさんいるのですが、どうしても 「先生」 という立場があるので少しかしこまってしまいます。
しかし、今回は 「先生」 という立場など関係なく、子どもたちとたくさんはしゃいできました。本当に楽しかったです。

いつもの相棒のカメラは一度も出すことなく、今回は新しい相棒のベビーギターでいろいろ歌いました。
ギターを弾きながら、目の前にある子どもたち・大人たちの笑顔を写真に撮ることができたら…手があと2本あれば…なんて思いましたが、手が2本しかないからこそ向き合えた笑顔があって、手が2本しかないからこそ心に残る笑顔があって、とても贅沢な4日間でした。

あー歌ってすごい!
んー写真も撮りたい!
とにかく、楽しみたい!
[PR]
by saekoeda | 2010-11-02 01:11


以前の記事
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
JOCV仲間のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧