JOCVとしてバングラデシュの   クスティアで活動中 :)        CANならDO!!やってやるって!!
by saekoeda
2011.11.5~13
2011.11.5~13

…というわけで、9日間のネパール旅行に行ってきました。

d0170725_0412987.jpg

d0170725_0454335.jpg

↑ 訓練生活を共にしたネパールの同期隊員に会ったり…
d0170725_04427100.jpg

↑ 札幌の友達のネパール隊員に会ったり…


d0170725_0465061.jpg

↑ 日本食を食べまくったり…
d0170725_0481369.jpg

↑ ネパール料理も堪能して…
d0170725_049776.jpg

↑ チベット料理も堪能して…


d0170725_052540.jpg

↑ 早朝5時に星と夜景を見ながら登って…
d0170725_0525232.jpg

↑ 太陽が昇るのを待ち…
d0170725_053209.jpg

↑ ヒマラヤ山脈をながめて…
d0170725_054721.jpg

↑ 天気にも恵まれました。


d0170725_056596.jpg

d0170725_0595644.jpg

↑ 観光名所もめぐり…


d0170725_134086.jpg

d0170725_143323.jpg

d0170725_151487.jpg
d0170725_18048.jpg

d0170725_172591.jpg

↑ いろんな人との出会いがありました。



うひゃー楽しかった!!

任国外旅行に行って毎度ながらに思うのは、
観光名所も少なくて行こうなんてそうは思わないだろう(笑)バングラデシュで生活できること、
英語がほとんど通じないバングラデシュでベンガル語で現地の人たちとコミュニケーションがとれること、
…いやー、本当に貴重な体験で、すごく恵まれているなー!!感謝、感謝。


バングラデシュはなんてストレスフルな国なんだ!…なーんて思うこともあるけど、
違う違う、ストレスフルなのは環境のせいじゃなくて、自分の心の問題だ。…ふんふん!



今日の格言

生きているだけで楽しいってことを、
          私は忘れたことがないの。

                         キャサリン・ヘップバーン(女優/アメリカ)
d0170725_1242151.jpg

笑いじわの深ーーいおじいちゃんおばあちゃんって本当に素敵。
これからも忘れることはないぜー!
[PR]
# by saekoeda | 2011-11-16 01:35
2011.11.2
2011.11.2 ~460日目~

気が付けば11月になりました。
d0170725_21422360.jpg

↑ 今日のわんこ。


ここ数日は…
朝PTIに行って子どもたちと一緒にゴミ拾いをして、小学校の朝会に顔を出して、
リキシャのいるモールまで歩いて、チャドカンでドゥッチャ(ミルクティー)を飲んで、
小学校に行って授業観察&話し合いをして、PTIに戻ってお昼ご飯を食べて、
自己評価シートの添削をして、わんこたちと遊んで、ミーティングに顔を出して…という生活を送っていました。


d0170725_2143392.jpg

↑ 昨日のわんこ。


…というわけで、明日から「コルバニイード(犠牲祭)」のためにPTIは10日間ほど休みになります。

犠牲祭では、町のそこら中で、牛やヤギなど生贄としてささげるために屠殺して、お肉を食べます。
貧しい人たちに分け与えることで徳にもなるそうなので、貧しい人たちにもお肉を分けます。

大きな牛が屠殺されるシーンはなかなかショッキングですが、日本ではなかなかできない体験です。
(去年は二日酔いの状態で見たので、かなりグロッキーになりました。)
私たちはこうやって、日々「いのち」を食べているんだと感じさせてくれます。
(でも、1回体験すれば十分…かな?)


d0170725_2144435.jpg

↑ 一昨日のわんこ。


…そんなわけで、休みを利用して私はネパールに旅立ちます!
みなさん、お元気でー!!!

クスティアに戻ってくる頃には、さらに涼しく、そして、わんこたちも成長していることでしょう。



今日の格言

私達に必要なのは、
     自分の素直な感情を信じること。

                    エレン・スー・スターン(コラムニスト/アメリカ)
d0170725_22201528.jpg

↑ ドゥッチャのお店のムルナくん。わんことムルナくんと遊ぶことが最近の私の癒し。



今、ここで、感じていることを大切に。

これからも、いろんなことを感じながら、そして、感じることを大切にしていきたいです。
[PR]
# by saekoeda | 2011-11-02 22:26
2011.10.30
2011.10.30 ~457日目~

バングラデシュも朝晩涼しくなってきまして、動物たちのバッチャ(赤ちゃん)シーズンの到来でもあります。

というわけで、PTIでも犬の赤ちゃんが生まれました。
PTIには黒のオス犬トミーがいて、さらに数カ月前から白と茶色のオス犬・メス犬も住みつくようになりました。
d0170725_2224964.jpg

↑ 子どもに連れられて赤ちゃんを見に行くと…赤ちゃんは白と茶色と黒。
…あれ、トミーの子だったのね?!
てっきり、白と茶色のオス犬とメス犬が夫婦だと思っていました。
d0170725_22165962.jpg

↑ 前まで倉庫の陰でこっそり暮らしていたけど、最近は水路?の下で暮らしています。

d0170725_22184670.jpg

↑ 白と茶色のオス犬が現れて威嚇するトミー。
d0170725_22214375.jpg

↑ 遠くからさびしそうに見つめている白と茶色のオス犬。

d0170725_22233861.jpg

↑ トミーはお手ができる賢いわんこ。
仲の良かったスーパーサーが転勤してしまってから元気のなかったトミーですが、家族ができて一安心です。

11月12月がバッチャハイシーズンに入る(と私は思っている)ので、これからの季節が楽しみです。



今日の格言

あなたの言葉が、あなたの中身を創る。
                    サネヤ・ロウマン(チャネラー・アメリカ)

d0170725_2233443.jpg


バウルのように、心で語る人になりたいです。言葉には頼らず、惑わされず。

それでも、言葉が必要な時には、言葉を大切にしないと。

言葉には言霊が宿るからね。
[PR]
# by saekoeda | 2011-10-30 22:46
2011.10.29
2011.10.29 ~456日目~

今日は朝、ホステルのマネージャーインストラクターと一緒に、ホステル周辺のゴミの様子をチェックしました。
スーパーサーが提案してくれたのですが、インストラクターも「何かあったら私に言ってね」と言ってくれました。
 (おそらく、スーパーサーに言う前に、私に言ってという意味だと思いますが…)

今まで関わりの少なかったインストラクターですが、
これから定期的に一緒にホステルのゴミの様子のチェックをしていこうと思います。
子どもたちや実験校の先生だけでなく、スーパーサーもインストラクターも、どんどん巻き込んでいこう。



教育実習の指導は、先日ちょっと揉めてしまったインストラクターの担当校に行ってきました。
d0170725_22595100.jpg

先日揉めた際に、自己評価のことでもちょっと揉めていました。
(他のインストラクターも交えて話し合って、理解してもらえました。)

小学校で会った時に、トレイニーの授業について話し合ったり、自己評価についてさらに理解してもらったり。
…しかし、午後の試験に備えて家に帰ってしまったため、話し合いに同席してもらえなかったのは残念。
それでも、PITに戻ってから、トレイニーの自己評価シートで話し合いの内容をシェアできました。

このインストラクターとも今まで関わりが少なかったのですが、
先日揉めた際も、今日も、考えてることを伝え合うことができたので、これからどんどん関わっていこう。



男性ホステルのマネージャーインストラクターと、子どもたちが作ったゴミのポスターを貼りに行こうとしたところ、
トレイニーたちの前で話す場を設けてくれました。
d0170725_23124010.jpg

その後、マネージャーインストラクターとトレイニーたちと一緒にホステルにポスターを貼りました。



ついつい、一人でやった方が楽だし、早いし、と思って、一人で何でもやってしまいがちですが、
スーパーサーやインストラクター、トレイニーたちをどんどん巻き込んでいこうと強く感じた一日でした。



今日の格言

行く価値のある場所には
       近道などひとつもない。

                         ビヴァリー・シルズ(オペラ歌手/アメリカ)
d0170725_21243983.jpg

↑ このおばあちゃんはどんな道を歩いてきたのだろうか。

これは今日一日で感じたこと。
こからもこの言葉を胸に、目の前にいる人、目の前にあることから、ひとつひとつ、こつこつと。
[PR]
# by saekoeda | 2011-10-29 23:21
2011.10.27
2011.10.27 ~454日目~

今日は実験校でも駆虫薬の投与がありました。
d0170725_082249.jpg

↑ 私も飲んでみましたが、めちゃくちゃまずい。
まずがっていたら、子どもたちがお水をくれたり、ビスケットをくれました。かわいすぎ。


今日はそのまま実験校で、実習生の授業観察・指導をしました。
実験校のオフィスは掃除中だったために、PTIの入口にある机で授業後の話し合いをしていました。
d0170725_0104242.jpg

話し合いをしている時に、またもや事件が…
スーパーサーが通りかかった時に実習生が立たなかったのを見て、インストラクターが怒り出しました。
(私は通路を背にしていたので、スーパーサーが通ったことにも気が付かず…)

バングラデシュの社会では、仕事をしていようが何をしていようが、偉い人が通ったら、立って挨拶をします。
今まで私もそれなりに気を遣ってその習慣に合わせていましたが、
正直、心のどかっで「くだらんなー」と思っていたり、「仕事をしている時はいいじゃん」と思っていたりしました。

でも、インストラクターは怒っているし、その実習生は泣き出すし…。
(スーパーサーは「いいんだよ」って感じでしたが。)
この習慣は、ベンガル人の中ではとても重要なものなのだと痛感しました。



なんだか今週は、人との衝突(?)が多い週になってしまいました。
今までのコミュニケーション不足であったり、バングラの習慣を軽視したものであったり…。
活動にも生活にもすっかり慣れてきたけど、改めて、初心を忘れてはいけないなと思いました。

今週の衝突(?)からの反省を胸に、気持ちを切り替えて、来週からもがんばっていこうと思います。




今日の格言

他人なんて気にすることないよ。
あと百年もたったら、ぼくたちをふくめて、まわりにいる人間は、
どいつもこいつも死んじまってるさ。

                              『心のこり』より 藤堂志津子(作家/日本)
d0170725_0282819.jpg

↑ いかにも「バングラの中高生」な1枚。彼らにはもうちょっと他人を気にして欲しい時があります(笑)


自分は何しにここに来たのか、ここの人たちに求められているのか、と悩んでいる時期がありました。
そこから発展して、他人の評価が欲しくなったり、他人からの評価が気になったり。

いつからか、そんなの気にしなくなって、自分らしくいられるようになりましたが、
その時期の自分に、この言葉を贈りたいなと思いました。




…いや、ちょっとは他人の目を気にしろって言われそう(笑)
[PR]
# by saekoeda | 2011-10-28 00:36


以前の記事
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
JOCV仲間のブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧